Spikaを取り入れて、社内や国際間プロジェクトのコミュニケーションを簡単便利に!

Web制作会社様

〔課題〕
①国際間プロジェクトのコミュニケーションや翻訳にかかるコスト削減と煩雑さを解消したい
②プロジェクトオリジナルのUIのビジネスチャットがほしい

〔対策〕
追加カスタマイズのSpika4Bを導入
カスタマイズ内容
①翻訳機能追加
②デザイン会社様ならではのUI変更
・アカウント毎の色変更
・オリジナルロゴ、カラーへの変更
・ログイン中のアカウントをアイコン表示など

〔効果〕
Spikaを取り入れることによりビジネスチャットがよりわかりやすく便利に。国際間でのコミュニケーションがストレスフリーになり活性化。プロジェクトの成功の一助となった。

 

慶應義塾と共同で、AMEDの助成および支援による

「SPECT-CTフュージョンアプリケーションの開発・事業化」プロジェクトを実施

GEヘルスケア・ジャパン様

当プロジェクトでは、SPECTとCTのフュージョンアプリケーションを開発します。このアプリケーションが医療現場で使用されることで、医療費の削減への貢献も期待できます。
イサナドットネットは、医療機器産業の活性化と医療の質の向上を目指し、今後も医療機器ソフトウェア開発に積極的に携わっていきます。

 

場所を選ばずバイタルセンサーから心電データを収集することができて、

WEB画面上で所見の評価及び収集を可能に。

外資系製薬会社様

これまでの治験における導入実績としては、在宅でも、外出中でもバイタルセンサーからほぼリアルタイムに心電データを収集し、さらに収集したデータをWEB画面上で心電図として表示させて所見の評価及び収集を可能とする業務アプリケーションを提供した事例があります。

 

JR倉敷駅のPepperがマイクロソフトのAI技術と連携し、 駅サービスを強化!

JR西日本ITソリューションズ様

〔課題〕
お客様から駅員へ類似した問合せの対応

〔対策〕
Pepperがお客様との会話から質問の意図や内容を読み取り、適切な案内・返答

〔効果〕
タブレット操作ではなく会話主体での対応を実現

 

磯子火力発電所の見学体験をPepperとマイクロソフトのAIで更に有意義に!

電源開発株式会社様

写真提供:J-POWER [電源開発㈱]

〔課題〕
見学体験をより印象的なものへ

〔対策〕
ロボットに会話で質問すると回答してくれる機能

〔効果〕
ロボットとの触れあいを通じた見学体験の思い出作りを実現

 

HTML5の特性を活かしたアプリケーションを開発

株式会社ポケモン様

〔課題〕
様々な環境が混在する学校向けICT教材開発

〔対策〕
HTML5によるアプリケーション開発

〔効果〕
多デバイス、複数OSの環境向けに提供が可能

 

みんなをHAPPYに! TOKYO SERVICE CENTERで観光案内サービスを導入。

佐川急便株式会社様

〔課題〕
通行客店舗誘導の呼び込み負荷、訪日外国人対応負荷軽減

〔対策〕
ロボットによる呼び込み、外国語対応をはじめ、現場でのコンテンツ更新といった店舗運営向け機能

〔効果〕
スタッフの負荷軽減

 

イベントでのアプリケーション開発と現地サポート。

グラクソ・スミスクライン株式会社様

〔課題〕
懇親会のような雰囲気の中でも自然にサービスの案内をしたい。

〔対策〕
Pepperに親しみを持ってもらえるよう、触れ合ったり、笑顔になれるような演出を加えた。

〔効果〕
Pepperと仲良くなってもらうことで、サービスの案内も聞いてくれる雰囲気に。

 

アメリカのロボットNAVii™(ナビー)との連携含むPepper向け接客アプリを共同開発して導入。

株式会社パルコ・シティ様

〔課題〕
ショピングセンターのインフォメーションスタッフの支援。

〔対策〕
店舗位置等のお客様からの問い合わせに回答するだけでなく、他ロボットと連携することで実際にお客様をお連れできるようにした。

〔効果〕
ロボット同士の連携といった、それぞれの得意技を組み合わせることによる可能性の広がり。