Close

医療機器・バイタルセンサーからのデータを収集・分析

臨床試験(治験)オペレーションやデータマネジメントを効率化する

ライフサイエンス業界向けIoTソリューション

ライフサイエンス業界向けIoTソリューション 「BismHub」は

製薬・医療機器業界向けにMicrosoft Azureを基盤とした

CSV(コンピュータ化システムバリデーション)に対応しました

多様なセンサリングデバイスに対応

 Bism Hubは医療機器・バイタルセンサーからのデータを収集・分析するライフサイエンス業界向けIoTソリューションです。

今日の製薬・医療機器業界において、IoTを活用した臨床試験(治験)オペレーションの効率化、患者エンゲージメントの向上、厚生労働省のガイドラインへの準拠、コストの最適化など、急速なビジネス環境の変化へ柔軟に対応し、患者へ価値を提供することが求められています。

臨床試験オペレーションの効率化

IoTを活用することで治験の様々なオペレーション業務の品質と効率化を現実出来ます

HealthPatch、血圧計、睡眠計、体温計、パルスオキシメーターなど、多様なデバイスに対応

コンピュータ化システムバリデーション(CSV)について

ライフサイエンス業界(製薬業界、医療機器業界)でのCSVとは、「Computerized System Validation」の略で、

人間の生命に影響を与える医薬品や医療機器などの開発から製造において使用されるコンピュータ化システムが、

正しく開発され導入され、運用されることを確実に確認して証拠を残しておくことで、

薬や医療機器の品質および品質保証に問題が無いことを保証すること。

厚生労働省より「医薬品・医薬部外品製造販売業等におけるコンピュータ化システム適正管理ガイドライン」が出されています。

これまでの治験における導入実績としては、在宅でも、外出中でもバイタルセンサーからほぼリアルタイムに心電データを収集し、さらに収集したデータをWeb画面上で心電図として表示させて所見の評価及び収集を可能とする業務アプリケーションを提供した事例があります。

BismHubと導入実績について

管理

取得

分析

センサー機器からデータを取得してクラウドに保存します。クラウドなので、遠隔地にあるセンサー機器など、場所を問いません

取得したデータは、パソコン/モバイル端末から閲覧できます。インターネットを経由して、どこからでもデータへのアクセスが出来ます

管理しているデータの分析ができます。分析機能はご要望に応じて開発・カスタマイズする事も出来ます

機能

チャット機能

業務用チャット機能を備えています。データや分析結果のやり取り、業務連絡などをチャットで行う事が可能です。アプリを使って、画像・動画・音声・ファイルのやり取りが出来ます。

重大な疾患を持つ患者のモニタリング

製薬会社の治験での活用

活用シーン

在宅診療のサポート

高齢者の見守りへの活用

イサナドットネットではBism Hubのカスタマイズのご相談、

を承っておりますので、下記フォームからお問い合わせください。

ヘルスケア分野でのアプリケーション開発

©Copyright 2018 isana.net,inc.