titleimage

マルチデバイス向けアプリ開発

イサナドットネットではiOS/Android/Windows Phoneといったスマートフォン、タブレットに加えてMac OS X/Windows8のPC向けにアプリ開発が可能です。マルチデバイス対応が必要とされる案件は是非お任せください。

マルチデバイス対応が必要とされている理由

今のIT業界はPost PC時代と言われはじめています。
パーソナルコンピューターが出現したのが80年代前半ですので、おおよそ30年のライフサイクルでパーソナルコンピューターの時代が終わろうとしています。これは、インフォメーションデバイスのメインストームがスマートフォンやタブレットと言ったようなARMプロセッサーなどの低消費電力のプロセッサーを搭載したデバイスにシフトしている流れです。

2010年代における全体像は、スマートフォン・タブレット・デスクトップOSなどを含めたマルチデバイスによってインフォメーションデバイスが牽引されるという理解がよいかと思います。2010年代のうちに、ホームコンピューティング/ネットワークおよびビジネスでのインフォメーションワーキングの多くが、スマートデバイスおよびスマートデバイス向けOSに置き換わっていくでしょう。
多くのサービスが今後、マルチデバイスでのインターフェース提供が必要とされてきます。

マルチデバイス対応は以下の2つの軸で展開されます

● 複数のOSプラットフォーム(Android系/Apple系/MS系)
● 複数のハードウェアフォーム(ハンドセット/タブレット/ノート/デスクトップ)

ほとんどの有力なサービスは、こういったデバイスすべてに迅速に対応しつつ質の高いアプリケーションを提供する事が必須要素として求められています。
イサナドットネットでは、このようなニーズに対応するべく、ワンストップで高品質なマルチデバイス向けアプリケーションの開発を迅速に行うことによって、サービス運営者の戦略ニーズに対応する事ができます。

イサナドットネットが対応するテクノロジー

お問い合わせはこちら

mautic is open source marketing automation