AI活用「質問コミュニケーションロボde見学施設 for Pepper」販売開始 見学施設と人をつなぎ楽しく質問することによる見学体験向上を目指します

 イサナドットネット株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:石谷伊左奈、以下イサナドットネット)は、ソフトバンクロボティクスのヒト型ロボットPepperとAI技術を活用し、様々な見学施設で来場者との質問コミュニケーションを促進するロボアプリを開発しました。
来場者が質問しやすい雰囲気を作り、質問で興味を深め、見学体験をより豊かにすることを目的としたロボアプリです。

 プレスリリース_イサナドットネット_見学施設向け質問回答ロボ_for_Pepper

 

本ロボアプリは見学施設で来場者に積極的に質問してもらい、興味や理解を深めてもらうことを目的としています。そのため以下ポイントの通り、ロボットとのコミュニケーションをきっかけに質問をスタートして、様々な質問内容、質問の仕方に回答できるよう、PepperとAI技術を連携しました。

 

<< ポイント 1 >>

Pepperと会話コミュニケーション
まずはロボットとの会話体験に注目してもらい、質問の内容自体よりも、どんなことでもロボットに質問すると答えてくれる、という「質問すること自体」に興味を持ってもらいます。

<< ポイント 2 >>

コミュニケーション成功体験が質問しやすい空気へ
このロボアプリは「Pepper答えて!」と話しかけると、Pepperが「はーい!質問してね!」と返答します。
話しかけたら応えてくれる、という短いコミュニケーション成功体験を積むことで、質問したらちゃんと答えてくれる、という期待(質問しやすい空気)を高めます。

<< ポイント 3 >>

AI技術を活用した幅の広い質問への回答
同じ内容の質問でも、質問の言い方は人によって変わる可能性があります。その場合でも、Pepperと連携させた外部AI技術が質問の意図を理解し、適切な回答するようにします。 また、回答できなかった質問への回答追加など後から回答精度を上げるための操作も可能です。

<< 本ロボアプリを選ぶポイント >>

担当者の手間のかからないお任せパッケージ。質問回答リスト作成協力、利用状況レポート提出が含まれています。質問回答リストも、見学施設で使われる共通会話をプリセットしています。
見学施設ですぐに活用できるように、Pepperのそばに設置する案内パネルも提供。

 

▼本製品詳細はこちら(動画で動作を確認いただけます。)

 

 

導入費用
初期費用: 35万円(税抜)
月額費用: 21万円/月〜(税抜)

※ 最低利用期間 12ヶ月
初期費用には質問50件までの弊社での初期設定を含みます。
月額費用には4時間分/月の本アプリに関するサポートを含みます。
AI技術利用費用を含みます。Pepper機体費用は含まれません。


※本取組は、ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、イサナドットネット株式会社が独自に実施するものです。
※イサナドットネット株式会社はソフトバンクロボティクス社の「Pepperパートナープログラム」によりPepperアプリ開発パートナーとして認定された「ロボアプリパートナー(Advanced)」です。
・認定ID:PPP201508023(イサナドットネット株式会社)
※Pepperパートナープログラムとは: http://www.softbank.jp/robot/developer/program/partner/
※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。