JR倉敷駅のPepperがマイクロソフトのAI技術と連携し、 駅サービスを強化! イサナドットネットとJR西日本ITソリューションズが 本アプリケーションを共同開発

 イサナドットネット株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:石谷伊左奈、以下 イサナドットネット)は、4月からJR倉敷駅で導入される「人型ロボット『Pepper』にマイクロソフトのAI技術を連携させた駅サービス」のアプリケーションを、株式会社JR西日本ITソリューションズ(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:前中弘美)と共同開発しました。
 JR倉敷駅では、「Pepper」を使い、駅利用者向け案内サービスを提供していますが、お客様から駅員へ類似した問合せやPepperの操作に慣れていないお客様が多いという課題を解決し、駅サービスの強化を図るため、PepperにマイクロソフトのAI技術を連携させたロボアプリを開発しました。

pepper_jr_kurashiki

▲JR倉敷駅に設置しているPepperがマイクロソフトのAI技術を活用して強化します

<本ロボアプリの概要>

実施場所 :
JR西日本 倉敷駅 改札出口
利用開始日:
2017年4月7日(予定)
実施目的 :
・駅員の業務をフォロー
・お客様に合わせたコミュニケーション
実施内容 :
  1. Pepperがお客様との会話から質問の意図や内容を読み取り、適切な案内・返答をする
    (日本語・英語・中国語に対応)
    ・観光案内
    ・駅構内案内
    ・乗り換え案内
    ・切符の説明   など
  2. Pepperがお客様とコミュニケーションをはかる
    ・会話(挨拶を交わす等)
    ・顔とニックネームを覚えて、顔識別で呼びかけ  など
 本ロボアプリは、マイクロソフトの「Microsoft Azure Cognitive Services」を活用し、お客様との会話から質問の意図や内容を把握することでPepperが質問に回答し、Pepperも駅員の一員として接客します。Pepperが会話主体のコミュニケーションから質問を把握することで、これまでのお客様にPepperタブレットを操作いただいていた手間を省きます。また、接客した人の属性など利用状況を蓄積し分析することも可能です。

 

<Microsoft Cognitive Servicesについて>

詳細については、下記ウェブサイトをご覧下さい。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/

  • ※本取組は、ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、株式会社JR西日本ITソリューションズとイサナドットネット株式会社が共同で開発し、独自に実施するものです。
  • ※イサナドットネット株式会社と株式会社JR西日本ITソリューションズはソフトバンクロボティクス社の「Pepperパートナープログラム」によりPepperアプリ開発パートナーとして認定された「ロボアプリパートナー(Basic)」です。
  • ・認定ID:PPP201508023(イサナドットネット株式会社)/PPP201610013(株式会社JR西日本ITソリューションズ)
  • ※Pepperパートナープログラムとは: http://www.softbank.jp/robot/developer/program/partner/
  • ※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。